2012年03月13日

貯蓄の運用

 多くの方が行っていると思われる「貯蓄」。その名の通りお金を貯めて蓄積させるのですが、この溜まったお金をそのままにしている方も大勢いらっしゃるでしょう。できればただ単に貯めていくのではなく、プラスアルファが欲しい所。そこで皆さんが考えるのが「資産の運用」だと思います。
手持ちの資産を有効に使い、少しでも貯蓄額を上げたいのは当然の考えかと思います。そんな時、皆さんならどの様な運営方法を選択するでしょうか。

 一般的なのが銀行預金などへの預け入れです。これは、銀行にお金を預ける事で金利を得られる観点からです。とはいっても、今の時代この方法で大きく増やそうなんて人は誰もいないでしょう。それもそのはず、入ってくる金利は承知の額。
とんでもない額の預金でない限り、金利に期待して預ける様な人はまずいらっしゃらないでしょう。それでも少しでも金利の高い所に預けるなどの工夫もありますが、やはり高望はできない方法です。

 これとは違い、大きな利益となる方法が「投資」です。株式投資や不動産投資などの種類があり、今ではネット上での取引が当たり前になっています。株式投資とは、企業の発行した有価証券、つまり株を購入し配当金などを得て収益とするものです。

また、株主優待などの優遇サービスを受けられるなどの特典がある場合もあります。一方の不動産投資とは土地やマンションなどを購入し、その運営にあたって収益を得るもの。マンションなどの賃貸物件などにより毎月一定額の収入が見込めます。
デフレなどの影響で物件の価格変動も懸念されますが、比較的安定した投資方法といえるかもしれません。また、自分ではどこに投資していいか分からない人の為に「投資信託」というものもあります。これは“ファンドマネージャ”と呼ばれる資金運用会社の専門家に資金を運用してもらう方法です。

投資に関しては素人で不安、だけど手元に置いておくだけではもったいない!そんな方は試してみる価値のある方法といえます。もちろん、専門家といえども100%の保証があるわけではないので理解しておきましょう。そう、投資と言うのは成功すれば大きな利益になりますが常に「リスク」もつきまといます。それは失敗してしまえば資産を失うという事。
特に高い見返りを求める為により高いリスクの投資を行うスタイルを投機と呼びます。ギャンブルとは違いますが、広い意味で同じ様にとらえられる株取引なども存在し、マネーゲームの様な感覚を楽しんでいる人も少なくないようです。

 資産の運用は方法によって大きな分岐点になります。特に投資の際には知識と見極めが重要になってくるでしょう。

普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる
車の燃費
ネット銀行、封筒、365日貯金、家計簿――今すぐ実践したい“貯金術”
エコカーとハイブリッド
初めて購入する新車


【関連する記事】
posted by taro at 22:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。