2012年06月05日

外貨貯金は本当にお勧め?

ちょっと資産がある方が気になるのが やっぱり外貨貯金じゃないでしょうか?
ちなみに外貨貯金って聞いてピンとくる方はどれくらいいらっしゃるのかしら??

外貨貯金って実際にどのようなカラクリがあるのおか、どのようなものか ご存知ですか?

外貨貯金とはその名のとおりで日本円で貯金をせずに外国の通過に変えて貯金をする方法です。
一般的にはユーロ、ドルなどに変換されることが多いようですよ。
どうして海外のお金で貯金をするといいのでしょうか?
それは為替レートが鍵なのです。
日々為替レートは変わりますよね。 その時の変動によって差益を受けることができる可能性が高いのが外貨貯金なのです。
例えば外貨が安く円高の時に外貨貯金をすることで もしもその通貨が値上がり円安になった時には差益が発生するのです。
また海外のほうが金利も高いのです。
例えばアメリカの金利が一年間で5%だったとしますよね。
あなたが1000万円を米ドルに換算して預けた場合には 一年間で50万円の利子がつくことがあるのです。

どうしても日本の銀行にお金を預けていても、残念ながら金利はほんのちょっとしか得られないのが一般的ではないでしょうか?
相当な額をつんでいても、別にこちらはただ預ける場所があるだけで 別に金利に期待している方もいないほどです。


しかし外貨貯金をすると、為替レートの変動によっては グンと利益がアップすることああるのです。

が、本当にこんな風にいい話ばかりなのでしょうか?実はやはりこれには裏がある場合うがあるので要注意です。
というのは外貨貯金をすると実は銀行は儲けているっていう事なのです。
実は外貨貯金をした時に発生するデメリットもあるのです。
それは為替差損です。
これは日本円で貯金をしておけば、元本を割る、ということは考えにくいですが
外貨貯金のばあいは 自分が預金していた通貨がどんどん寝下がってしまい、その結果元本割れすることも多々あるのです。
これを避けられる方法は利益が発生してきたら、その利益があるうちにすぐに円に戻してしまう、という見極めをする事が大切です。

こればかりはちょっとギャンブル的な要素があるように感じますね。

また実は沢山の人が外貨貯金をすればするほど、銀行は儲かる仕組みになっているそうです。
実は日本円を米ドルに交換する時に 銀行は利用者から手数料をもらうことができるのです。
日本円から米ドルにする時、米ドルから日本円にする時・・・・その全ての工程でお金が発生するのです。
その手数料はかなりかかってしまいます。しかし銀行は単純に外貨から日本円、日本円から外貨にするだけで儲かる仕組みなのです。
外貨貯金を銀行がお勧めする理由はここにあったのです。

なぜ年収800万の「Mart主婦」家計は破綻しやすいか (プレジデント)
お金持ちになりたい人必読!お金を貯めるコツまとめ - NAVER まとめ
貯まらん女子の10の傾向:日経ウーマンオンライン
自動車の法定日常点検って何?
エアロパーツは何のため?
自動車を購入するときの注意点


posted by taro at 17:06| 貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。